第198回国会 まま原発再稼働か原発新設てまうプルトニウ。経産省は「2024年以降に将来的に採用する技術の絞り込みを目指す」と言っているので、各民間企業による研究開発は続行という事ですね。今週、政府高速増殖炉の開発2025年今世紀後半先延ば発表、ま、時稼働中の原発無くなります 事実上、次世代、先の未来任せるいう事でょうか 先週フランス 高速増殖炉の開発撤退発表 日本頼りする開発パートナー居なくなり、日本独りぼっち出来るのでょうか 日立、三菱重工、(東芝 撤退かな )か対応できるのか まま、原発再稼働か原発新設てまうプルトニウムどんどん増えて、国際的印象悪い、放射性廃棄物の行き場所対策国内で対応出来なくなる思 、再生可能エネルギー、蓄電(蓄エネルギー)、新たな発電技術、既設発電所の温暖化ガス対策開発、など、国力入れていくのでょうか エネルギー事情詳い方、 第198回国会。原発再稼働をやめ。エネルギー基本計画を見直し。再生可能エネルギーの比率を
大幅に増加させることに関する請願笠井亮君紹介第二万が一事故が起き
たときに。その避難計画。こういったものを審査する場所ではないという理解で
。大臣。よろしいでしょうか。逢坂委員 原子力規制委員会が。災害対策指針。
それを設けていることは私も承知をしております。その状況でもつくり出し
てきたのは。これまでの日本の原子力政策の上にそれができている。

焦点:漂流続く放射性廃棄物問題。川内原発2号が再稼働するなど「原発回帰」が徐々に進む一方で。打開策の
見えない放射性廃棄物の処分に国内で候補地絞り込みにめどが立たない中で。
政府内からは海外での処分を検討する選択肢も聞かれる。進めている
プルトニウムに再処理する核燃料サイクルのコストが増大。電力自由化の負担と
なる可能性も出て再稼働で増える「核のゴミ」>日本では。発電後に出て
くる使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し。再利用する核燃料放射能検査なるほどコラム教えてハカセ。一方で。真剣な事故の反省もないまま。国内の原発は再稼働に向けて動いている
状況でもあります。現状。原子力規制委員会が。対策工事をすれば新基準に
適合すると判断した原発は基あります。そもそもの。原発という存在自体の
問題点になりますが。原発の稼働によって生み出された放射性廃棄物の処理方法
が確立されていません。原子炉を停止して日後の使用済み核燃料と比べて
。稼働中の原子炉には倍の多量の放射能があると推定できます。

高レベル放射性廃棄物処分懇談会報告書案。こうした中で。原子力発電の使用済燃料の再処理に伴って発生する高レベル廃棄
物の処分を厳密な管理のもとに進めることは。原子力また。仮に六ヶ所村の再
処理工場ができて順調に稼働したとしても。すべてを再処理することはできない
のだから。それらの使用廃棄物の処分問題を解決せず。勝手にドンドン原発を
建設してきた責任をどうするのか。の特徴」で。国際的に高レベル放射性廃棄
物を「深地層中に埋設する」ことは共通の考え方であると述べているが間違で
ある。

経産省は「2024年以降に将来的に採用する技術の絞り込みを目指す」と言っているので、各民間企業による研究開発は続行という事ですね。アメリカが推進している高速増殖炉VTR2026年の運転開始目標の実験炉への協力を強めるようです。この実験炉はGEと日立の合弁会社による設計だそうです。再生可能エネルギーは経産省が目標割合を設定して推進してますね。あなたの仰る蓄電技術の向上がキーになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です