立川志らく 1グランプリ出た立川志らくどうでたか。少し小理屈をこねている印象で、どちらかといえば不評だったように思いますが、降板させろ。「M 1グランプリ」出た立川志らくどうでたか 立川志らく。テレビ朝日系で生放送された「-グランプリ」決勝で。お笑い
コンビ「ジャルジャル」に志らくさんがこんな高得点を付けたことが分かると。
スタジオ内から驚きの声が上がった。 千鳥ノブも「すごい話や!」志らく。落語家立川志らくが。審査員を務めた日放送のテレビ朝日系「-
グランプリ」で。物議をかもした自身の審査について説明した。同
コンテストの審査員… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト。ニッカン「M。年のM?1グランプリは。ミルクボーイの圧勝だった。彼らが見せた
それぞれの審査員内で何番の順位だったかを並べてみる。 オール巨人番。
ナイツ塙番。立川志らく番。サンドウィッチマン富澤番。中川家礼二番。
松本人志番。上沼恵美子番。 じつはぺこぱ」という異才をどう評価したか
ちなみに

志らく。落語家の立川志らく57が20日。自身のツイッターを更新。審査員を務め
た若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2020」最終決戦の投票
において。葛藤があった…『M。『-1グランプリ2018』を見ました。第一回大会からずっと見続けて来て
。初めてリアルタイムで見ることが出来ませんでした。というのも。シソンヌの
ライブ『モノクロ』を見に行っていたからです。だから。よくM。落語家の立川志らくが月日放送の「グッとラック!」に出演し。年
連続で-グランプリの審査員に選ばれたことへの感想を述べている。 月日
に開催が予定される“日本一の漫才師”を決… | アサジョ志らく。落語家の立川志らくが14日。ニッポン放送「ナイツ ザ?ラジオショー」に
ゲスト出演し。M-1グランプリ審査員の悩ましさを語った。 志らくは今年も
ナイツ?塙宣之とともに漫才日本一を決める「M-1グ

M。落語家の立川志らくが月日放送の「グッとラック!」に出演し。年
連続で-グランプリの審査員に選ばれたことへの感想を述べている。月日
に開催が予定される“日本一の漫才師”を決する『M。ニュース| お笑いコンビ?霜降り明星が。史上最年少。初の平成生まれの王者に
輝いた“平成最後”の漫才日本一を決める『-グランプリ』?テレビ
朝日系。新王者の若さも際立ったが。審査員の顔ぶれにも変化

少し小理屈をこねている印象で、どちらかといえば不評だったように思いますが、降板させろ!っていうほど変でもなかったのでは?でもジャルジャル99点はさすがに「!?」でした。談志を目指してるけど、器じゃないから空回りしている印象でしたね。解説も分かり辛かったですし、富澤さんの方がよっぽど分かりやすかったです。良かったんじゃないですか。正直私個人の好みとは大きく違った採点でしたが、評価の基準がはっきりしていたなと思いました。新しいものを評価したいという意図が伝わって好感が持てました。ただ上沼さんと好みが真逆で相殺していたのでありと思うところもあります。上沼さんなしで志らくさんだけだったら、ちょっと志らくさんの評価が結果を左右する部分が大きすぎるような気もします。苦手です。以前に松本さんが紳助さんのあと審査員をお願いしても誰も引き受けてくれないと言っていましたが西寄りにならないように東の人も入れようとしているのかも知れないですね。漫才する人じゃないからコメントもわかりづらいし。同じく今回初の冨澤さんはコメントおもしろいし、わかりやすくてぜひ次回もやってほしい。1番支持されていた和牛が優勝しなかったこともあり立川師匠への不満の声が挙がっている感じなのかな?コメントそのものとしては、辛口だっただけで筋が通っていて誰よりも納得が行きました!そのような人が1人くらいは居て丁度いいと思いましたね。ただ上沼さんは好きか嫌いかで評価し、漫才に対する回答がすっからかんだったのでムカつきました。70点とか付けるのかと思っていましたが、割と普通の点数付けてましたねネットでは彼に対して厳しい意見が多いみたいですが、私は全然アリですそれより上沼さんでしょあの人の基準の方がよく分からない笑見取り図を「古い」と辛い評価をして、トムブラウンは「古い人間には分からない」と辛い評価をするさらにギャロップに「自虐はウケない」と評しながら、ミキの自虐には「突き抜けている」という筋の通らない審査最終決戦は、かまいたちとトムブラウンと霜降りで観たかったなー審査員として素晴らしかったです。一般人には分かりづらい表現があったかもしれませんが、感情を言葉にきっちり表現されていて、改めてすごい方だなと感じました。点数の付け方が下手でしたね。基準点を決めてそこからプラス何点、マイナス何点で付ける人が多いと思うのですが、感覚で点を入れている感じでした。そういう主義なのかもしれませんが、個人的には技術面や発想などを厳密に見て、理詰めで審査してほしいです。コメンテーターとしては苦手なのですが、私も変わったネタが好きなので、意外と感覚は共感できました。トムブラウン好きになりました。審査基準が1番わからなかったです笑えたのに点が低い笑えなかったのに点が高い独特の感性の持ち主なんだと思います審査が始まる前に「以前師匠談志さんは50点付けた事が有った」とか言っていたので、もっと厳しい点数を出すのか…と思ったら、無難な採点しかしていなくて少しだけガッカリしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です