標準二次関数と微分 問題微分でやる問題でなく平方完成でや。4次関数で下に凸より、最小値をもつ。問題微分でやる問題でなく平方完成でやる問題なの、微分使って解いてほい 星マークかついてる167の(2標準二次関数と微分。数学数学数学数学数学ホーム数学微分ここでは。微分の
考えを使って。二次関数のグラフについて再度考えてみることにします。すでに
知っているものを再考するため。新しく問題が解けるようになるということは
ありませんが。微分の考えをより深めるために役立つと思います。 目次
放物線の頂点を求めるには。次のように平方完成して計算するのでした。平方完成。平方完成とは何かというと。2次関数のグラフを書くための操作であります。
機械的機械的にできればそれでいいのですが。なんのためにやるのか。どの
タイミングで?というさて。しなくても良いものは確認したとして。いよいよ
平方完成です。次に は置いておいて中身だけを見ます。前の問題でやった
のでイメージは掴めたでしょうか?定積分の微分を表す公式を解説

4次関数で下に凸より、最小値をもつ。T = x^2 – 2x と置いて置換微分すればいいですが、不慣れなら充分展開しても構いません。画像で。微分で解くなら展開しない方が楽です。y'=2x^2-2x2x-2+42x-2=4x-1x^2-2x+2よって、x=1のとき極小値-4でこれが最小値でもあります。t=x^2-2xとおけばt′=2x-2x=1で最小値ー1をとる。??①y=t^2+4tー1tで微分y′=2t+4①でt?ー1よりy′>0t=-1つまりx=-1で最小値ー4y=x^4-4x^3+8x^2-8x-1を微分すれば良いだけ。そもそもそんな無駄なことをする理由は理解しかねますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です