日本の軍事 アメリカ他国同様自国防衛だけやっていたら歴史。ソ連はそうしなかったでしょうから、世界地図は大きく変わっていたでしょう。アメリカ他国同様、自国防衛だけやっていたら、歴史どうなっていか よく、「アメリカ$のためだけ、中東戦争介入ている アメリカ戦争する悪い国だ 」いう話聞きます 日本の軍事。日本は非常事態になったら相当ダメだと思う。政府の指揮が遅すぎて機能しない
だろう, 日本国は海洋国家の島国日本の軍事予算が過去最大になったことが
海外でも話題になっていました。られていて隊員がその使い方をよく心得て
いるところだね。, そして常に主権を求めて叫んでいる中国は。日本が自国の
頑張れよアメリカ笑 イージス艦の艦橋からミサイルを待ち受けるその時。専守
防衛の鉄則にどれだけ苦しむか…外国人はパチンコのことどう思ってる?米国の歴史の概要。マルクス?レーニン主義は。戦争中は前面に出されなかったが。依然としてソ連
の政策の指針となっていた。彼らは。東ヨーロッパに。「防衛可能な」国境と
「友好的な」政権を求め。現地の人々の意志とは関係なく共産主義を米国政府
は。西側諸国と同様の。より独立した代議政治を望んだ。年2月のヤルタ
会談での東ヨーロッパに関する合意は。さまざまな解釈が可能であった。冷戦
は。米国の外交政策を決定しただけでなく。国内問題にも多大な影響を及ぼした

「日本を同盟国友人リストから外せ」という。日本語では8月12日に。韓国の『中央日報』日本語版が報じていたので。見た
読者もいるのではないか。効果として他国を守ることになるかもしれないが。
究極の目的は。アメリカをより安全にすることであるべきだ。のしかかって
いるが。それは自国やヨーロッパの防衛に貢献することを避けるための。使い
尽くした言い訳になっている。歴史的に。ドイツはしばしば名前だけで同盟国
を選び。効果的な軍隊は言うに及ばず。軍隊を配備することもできない米大統領選2020。月日の米大統領選で勝っても負けても。フェイクニュースからアメリカの
信用度まで。トランプ米大統領はすでに世界を大きく変えた。アメリカの
大統領は。ただ単に自分の国を率いるというだけでなく。おそらく地球上で最大
の権力者だ。ただし。トランプ政権の影響で。ブラジルやサウジアラビアが
温室効果ガス削減の対策を制限しやすくなったという意見もある。この壁は。
なんとしてもアメリカに入ろうと必死な人たちへの抑止にはなっていない。

日本人部隊「442連隊」の活躍。同時にハワイ領防衛軍も正式に米軍の一部となり。千人余りが徴兵された。
ハワイ大学の学生たちは。当時予備士官訓練が義務付けられていたが
。開戦後早々に。日系人学生だけが突然そんなことをすれば。日本の家族は
どう感じるんだ』と非難されました。約千人いた兵力は分のになっていた

ソ連はそうしなかったでしょうから、世界地図は大きく変わっていたでしょう。日本も共産主義圏に飲み込まれていた可能性は高いですよ。そうなっていたら、例えば今の中華人民共和国や北朝鮮の様な地獄になっていたでしょうね、日本も。また、その更に前???大東亜戦争以前のアメリカが日本を戦争に引きずり込むことは無かったでしょうし、裏で国民党に支援することもなかったでしょう。ただし、欧州はナチスに支配された可能性は高いですね。なんせ、唯一ナチスに対抗できる戦力を持っていた日本がそのナチスと同盟しちゃってましたから。まあ、同時に日本はユダヤ人の虐殺は妨害して助けたりしてましたからいずれ、日本とナチスの戦争???となった可能性はあります。そうなっていた場合、日本は逆にアメリカを巻き込んだんじゃないでしょうかね。ナチスに比べてアメリカは民主主義国家だし、昔からの交流もあったので。まあ、実際はアメリカは大東亜戦争当時は共産主義者に乗っ取られていたわけで、世界侵略の単著の為に日本に戦争させた訳ですが、モンロー主義を貫いていればその歴史もなかったと考えられますから。アメリカがやっているのは、自国益に基づく行動ですね。自国防衛と言えるかも。WW2でもヨーロッパ戦線の状況を眺めていました。ドイツがヨーロッパを支配した際の自分の立ち位置というものも考えていました。日本を防衛ラインにしているのは、アジア太平洋地域のプレゼンスが自国益だからですね。中国と半分こなんて嫌なわけです。竹島や尖閣諸島の海洋資源を口にする人がいるが領土領海を軍事で守ることは海洋資源の採掘経費ほどかかる日本は国土は狭いが領海は広く東京都庁から数千キロ離れた南鳥島も東京都などと言っている「乞食が馬を飼った」という小話がある能力以上のものを手に入れると維持費がかかり大変という話しです北方領土も意地になっているだけのように思う韓国も独特に国会議員が上陸してアピールしているが海洋資源も漁業もできない経費だけがかかる島だアメリカも日本各地に米軍基地を持ち戦争ゴッコをしている昨日も戦闘機が墜落して死んでいる私はバカバカしいと思うね東西関係なく、アメリカ以外の国々もアメリカ同様に、他国や他地域に軍事介入をしています。戦後の国際社会で軍事介入をしなかった主要国は日本ぐらいです。ただしアメリカは他国に比べて国力が突出していましたからその影響力は他国と比べようがないほど大きかったと言えます。さて戦後のアメリカの軍事介入や行動はすべて自衛戦争です。だから自国にとって利益を損なう、または利益を見込めないような国や地域には軍事介入をしていません。それはアメリカだけに限らず他の国々も同じです。それ故にアメリカが他国や他地域に軍事介入をしていなければアメリカは没落し、それに代わってソ連やその地域の大国が台頭してきただけです。つまりアメリカは今のように国際社会での影響力を維持し続けるためには多額な予算を使って他国へ軍事介入をし続けるか、それとも予算を削って他国への軍事介入を止める代わりに国際社会での影響力を減らしていくかのどちらかということになります。アメリカが世界の警察をサボっていたら朝鮮戦争で侵略者の北朝鮮が勝利して韓国は滅亡していて、日本は百万人の北朝鮮軍と対峙して徴兵制度になっていただろうクウェートも湾岸戦争で滅亡しサウジとイラクの大戦争になって石油供給混乱は長期化しただろう欧州や日本もソ連の属国にされていたかもしれない。イラクのフセインがクウェートの次にサウジアラビアとアラブ湾岸諸国を占領して独裁政治を行い。原油価格を吊り上げてすき放題して世界経済は大混乱に陥ったでしょう。それ、めちゃくちゃ定義が難しいんだけどだってアメリカ合衆国そのものが侵略によって出来た国なんだから???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です