孟子を読む 不急得其人而急得其埶則身労而国乱功廃而名辱社。乱君有りて乱国無く、治人有りて治法無し。有乱君無乱国、有治人無治法 (注) 無治法者、法無定也 故貴有治人 王制篇曰、法而不議、則法之所不至者必廃 故功非有其人、則雖有法、与無法同 羿之法非亡也 而羿不世中 (注) 『説文』云、羿、帝俈射官也 禹之法猶存 而夏不世王 (注) 至桀而失王位 故法不能独立 類不能自行 (注) 類、例也 得其人則存、失其人則亡 (注) 『礼記』曰、文武之政、布在方策 其人存、則其政拳 其人亡則其政息 法者治之端也 君子者法之原也 故有君子則法雖省、足以遍矣 無君子則法雖具、失先後之施矣 (注) 謂用其終為始也 不能応事之変 (注) 言雖有法、不能応時而差用之也 足以乱矣 不知法之義、而正法之数者、雖博臨事必乱 (注) 執拘其法、不知従自宜而権也 故明主急得其人,而闇主急得其埶 (注) 埶、位也 急得其人,則身佚而国治、功大而名美、上可以王、下可以霸 (注) 佚与逸同 不急得其人而急得其埶、則身労而国乱、功廃而名辱、社稷必危 (注) 如秦始皇是也 故君人者、労於索之、而休於使之 書曰、惟文王敬忌、一人以択、此之謂也 文章の書き下文至急知りたい 長くて大変申訳ないの、宜くお願い致ます 返り点サンプル。欲?罷不?能。既竭二吾才一。如二有?所?立卓爾一。雖?欲?従?之。末?由
也已。 其父攘?羊。有二殺?人者一。石渚追?之。則其父也。 還?車而蒙
正曰。若一知二其姓名一。則終?身不?能二復忘一。固不?如?毋?知也。 且不
?取二於民一無?度。用?之不?止。國雖?大必危。 地之不?法令不?急
而行。民不?労而上足?用。君実欲二天下之治一而悪二其乱一。則為二舟車一
不?可?不?節。 荊人未?至。賈人急号曰。「我済上之巨室也。

「仁の思想」のブログ記事一覧。容止愛焉,而不愛其言行,末矣。言行愛焉,而不愛其明,淺矣。故君子本神為貴
,神和德平而道通,是為保真。人之所以立德者三。一曰貞,二曰達,三曰志。貞
以為質,達以行之,志以成之,君子哉。必不得已也,守一於茲,大学。夫以學校之設。其廣如此。教之之術。其次第節目之詳又如此。而其所以爲教。則
又皆本之人君躬行心得之餘。不待求之民自是以來。俗儒記誦詞章之習。其功倍
於小學而無用。異端虚無寂滅之教。其高過於大學而無實。子の曰わく。父母に
事つかうるには幾ようやくに諌いさめ。志しの従わざるを見ては。
又た敬して違たがわず。労して怨みず。曰。與之釜。請益。曰與之ユ*。冉
子與之粟五秉。子曰。赤之適齊也。乘肥馬。衣輕裘。吾聞之也。君子周急不繼富

幕末?明治初期における「諫言」。て形成された「諫言」が。政局が不安定な幕末期において。下級武士たち
によっていか に受け継がれ 「不能正其身。如正人何」前掲。『論語』「
子路」。 頁。 しかし。諫言文化がどのぐらい普及し。また政体
における諫言の機能がいかに働い ていたかしかし。江戸時代の武士は主君に
対して必 ずしも殺我。吾得名」とあるように。「自己の名」をも求める
一方で。近世日本においては。様方は乱国に御生れ合。日本に名を御揚被成
たる御武篇にて候。 適論語章句一覧。- 怨を匿して交れば曲従 -, 曾子曰。吾日三省吾身。為人謀而不忠乎。
与朋友交。言而不信乎。伝不習乎。能竭其力。事君能致其身。与朋友交。言而
有信。雖曰未学。吾必謂之学矣。 -, 子曰。君子不重則不威。学則不固。賢
而内自省也。 -, 子曰。事父母幾諫。見志不従。又敬不違。労而不怨。 -,
子曰。父母在不遠遊。遊必有方。-, 子曰。恭而無礼則労。慎而無礼則葸。
勇而無礼則乱。直而無礼則絞。君子篤於親。則民興於仁。故旧不遺。則民不偸。

孟子を読む。孟子曰。不仁者可與言哉。安其危而利其菑。樂其所以亡者。不仁而可與言。則何
亡國敗家之有。有孺子歌曰。滄浪之水清兮。可以濯我纓。滄浪之水濁兮。可以濯
我足。孔子曰。小子聽之。清斯濯纓。濁斯濯足矣。自取之也。夫人必自侮。然後
人博士論文。理」という点においては。敬宇の思想が「啓蒙思想」としていかに「不完全」で
あるかが指摘さ れた。そして。何学校之事暇論哉。殊不知天下多事愈待於
才俊之士。則学校之政愈当修飾整理。使不廃墜。此為要務矣」。 同上。し。
適時を知らず。不急を事として。以て世人を瞀乱する者」を挙げている。 「今
之武人。率不知也。嗟夫今世之学洋学者必洋夷之学漢学而不毋効姚興蕭衍之
所為則幾矣」。同上。 「彼西洋ニや昼間働く労働者のための「 夜 学 院
イーヴェ

乱君有りて乱国無く、治人有りて治法無し。注 治法無きとは、法の定むる無きなり。故に貴きは治人有り。王制篇曰く、法ありとも議せざれば、則ち法の至らざる所は必ず廃す。故に功は其の人に有るに非ず、則ち法有りと雖も、法無きと同じなり、と。 羿の法、亡ぶに非ざるなり。而れども羿、世々に中あたらず。注 『説文』に云ふ、羿、帝俈の射官なり、と。禹の法猶ほ存す。而れども夏、世々には王たらず。注 桀に至りて王位を失ふ。故に法は独立する能はず。類は自行する能はず。注 類は、例なり。其の人を得れば則ち存し、其の人を失へば則ち亡ぶ。注 『礼記』曰く、文、武の政、布いて方策に在り、と。其の人存すれば、則ち其の政拳あがる。其の人亡ければ則ち其の政、息やむ。法なる者は治の端なり。君子なる者は法の原みなもとなり。故に君子有れば則ち法省くと雖も、以て遍あまねくするに足る。君子無ければ則ち法具そなはると雖も、先後の施を失ふなり。注 其の終を用もちいて始と為すを謂ふなり。《致士篇》 事の変に応ずる能はず。注 法有ると雖も、時に応じて之を用ゐること差たがふ能はざるを言ふなり。以て乱るるに足る。法の義を知らずして法の数を正す者は、博ひろしと雖も事に臨みて必ず乱る。注 其の法に拘こだわり執はれて、自ら宜なるに従ふを知らずして権なればなり。故に明主は其の人を得ることに急にし,而れども闇主は其の埶勢を得ることに急なり。注 埶は、位なり。其の人を得ることに急なれば,則ち身は佚いつして国治まり、功は大にして名は美はしく、上は以て王たるべく、下は以て霸たるべし。注 佚と逸、同じなり。其の人を得ることに急にせずして其の埶を得ることに急なれば、則ち身労して国乱れ、功は廃して名は辱しめられ、社稷必ず危し。注 秦の始皇のごときは是れなり。故に人に君たる者は、之を索むるに労つとめ、之を使ふに休す。書に曰く、惟れ文王敬み忌おそれ、一人以て択えらぶ、と。此れを之謂ふなり。致士篇:故一年與之始,三年與之終。用其終為始。こちらの367頁を参考に書き下しました。中庸、礼記などを確認しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です