オティヌス 上条初めて見たオティヌスの服装対てツッコミか。「新約。ある魔術の禁書目録

上条初めて見たオティヌスの服装対てツッコミか無かったんか

地の文か本文覚えていたら 新約。魔神オティヌスを救うため。全世界を敵にまわした上条当麻。今まで頼もしい
味方だった。指折りの権力者。超能力者。魔術師。それらすべてが“強敵”として上
条に襲いかかってくる。この闘いは。上条の人生の中でも生存確率がもっとも新約とある魔術の禁書目録10巻。しかし。上条さんはオティヌスを助ける方法を考えていなかった。 オティヌスは
。『妖精化』によって弱体化している。この状態が続くと死んでしまう。だが。
。『妖精化オティヌス。本稿で解説する -ゲスタ?ダノールムにおけるオーディンの別名 とある魔術の
禁書目録のオティヌス 。瀬戸麻沙美とある魔術の電脳戦機での配役 魔術
を極めて神となった魔術師『魔神魔神とある魔術の禁書目録』。魔術組織『

合コンやってみました。上条当麻 ×クウェンサー=バーボタージュ顔面焼き ×ヘイヴィア=ウィン
チェルますいじゅう! 陣内忍 東川守五対六。 クウェンサー。ヘイヴィアの
両名がダウンした事でフローレイティアが完全に宙ぶらりんになっているのが要
注意である。何となく現代っぽい服装の人。という事で頼られてしまった
バニーガールは細い顎に人差し指を当てながら。さらに飛び散った先がいけ
なかった。てか刀で縦に両断された上に存在消されているみたいだけど大丈夫
か東川さーん?オティヌスとは。世界~; オティヌス上条; ヒロイン化新約巻では上条当麻の
右腕を握り潰し。アウレオルス戦とフィアンマ神上戦で見せた俗に言う「上条の
中の人」を潰す事にも成功。禁書ではオーディンに纏わる神話は編纂者が自ら
見て記した。憶測?嘘偽のない純然たる事実である。しかし。隠世には魔神に
届いた彼女の力さえ及ばなかった。思われた矢先。オティヌスは前述の『弩』
を展開し。初めて「負の可能性」を応用した攻撃を上条に向ける。

「新約 とある魔術の禁書目録」4巻 より抜粋。魔神オティヌス初登場シーン。その右手を伸ばす。『戦乱の剣《ダインスレーヴ》』へ。最も強大な戦力を砕く事で、ひとまずは区切りをつけるために。 しかし。 ほっそりとした女性の手が、食い止めるように上条の右手首を掴んだ。 一体いつの間にその人物が現れたのか、上条には理解できなかった。「な……」 疑問が湧く。 吐息がかかるほどの距離に、一三~一四歳程度の少女が佇んでいた。前の開いた毛皮のコートの中に、黒い革の装束をまとった色白の少女。ただしその格好よりもまず目を惹きつけるものが彼女には二つも備わっている。 一つ目は、まるで魔女のような先端の尖った鍔広の帽子。 二つ目は、右目を覆う物々しい眼帯。 その正体は何であれ、ひとまずは魔術サイドの関係者だと判断し、右手首を掴まれたまま警戒心を湧き上がらせる上条。 しかし実際はそんな彼の予想のさらに上を行った。 隻眼の少女はささやくようにこう呟いたのだ。「……まだ終わらないぞ」 直後だった。 躊躇なく。 少女の握力が、上条の右手首を握り潰して切断した。許容を超えた激痛によって、右手を握り潰された時点で上条当麻の意識はむしり取られていた。気絶した彼の体は驚くほど簡単に床へと倒れていく。包丁で手首を切るどころではない、とんでもない量の鮮血が乱雑な断面から噴き出るが、もはや少年の体は動かない。激痛や恐怖でのた打ち回る事も、絶叫を発する事もない。 ぼとりと。 役目を終えた右手の先も、床の上へ捨てられる。「あ、あ……」 雲川鞠亜は、動けなかった。「な、なん、一体、なに、誰……?」「オティヌス」 隻眼の魔女が、神を名乗る。「どこぞの出来損ないと違って、純粋な魔神といった所か。ここまで言って理解できないなら、どれだけ言葉を積んでも無駄だ。理解は放棄した方が良い」 呟くように言った意図も、果たしてあったのか。片手間で、気紛れで、退屈で、気が向いたから。その程度で殺し、その程度で見逃し、その程度で救う。分かりやすいお山の大将よりも分かりやすく、分かりやすすぎるため逆にその本質が見えなくなってくる。 その時だった。 異変があった。 右手首を握り潰された上条当麻の断面から、何か見えないモノが吹き荒れたのだ。轟!! と渦を巻く何かは、特定の形も取らずにオティヌスに向けて勢い良く放たれる。 ただし、「……こんなものか?」 オティヌスの血まみれの手が、何かを掴んだ。 隻眼の魔神は、小首さえ傾げていた。「第三次世界大戦の終盤にはそれなりの結果を生んだらしいが、蓋を開けてみればこの程度だったのか?」 無造作に、握り潰した。 見えない力はのたうち、オティヌスから逃れようとしたようだった。しかし遅い。さらに血まみれの指に力を込めると、今度こそ、その見えない力さえも千切れて虚空へ消えていった。 圧倒的。 正体の分からないものを、正体が分からないままにねじ伏せてしまうほどの暴力。 それを生み出した当人は、それが周囲にもたらす影響というものを全く考えていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です